パートナーが病気になっても困らないようにする対策4選

ゆーみー夫婦です!

今回は…パートナーが病気になっても困らないようにする事前対策4選を紹介します!

ゆーさんがうつ病で休職したときに、まさか仕事が出来なくなるって予想してなくて…
色々分からないことだらけだったから、この経験を今、困っている人に伝えたいという想いで
記事にしました。

パートナーが病気になっても困らないようにする対策4選

その病気について必要な情報を集めておく、知識を蓄えておく

1番困ったことは、やっぱりその病気について何も知らないことだったかな…

当時の私を思い出すとやはり1番怖いと感じだのが…無知でした。

なので…その病気について知る、病気になってからでも情報を集めておくというのが先決です。

また、パートナーや家族が病気になってからでも新たな情報を知って知識を身に付けておくということも重要です。

知っているのと、知らないとでは…気の持ちようが違ったよ!

ちなみに私はこのコミックエッセイから学んだことが多く、大変助かりました!

うつ病になった本人の気持ちや、支えるパートナーの気持ちが
両方分かって対策しやすかった!

ツレがうつになりまして

公的機関を利用できるように事前に準備しておく

ゆーさんがうつ病の時は全く分からない状態だったから、
自治体にこんな制度があるなんて知らなかったんだよね…。

知っていたらもっと違った対処が出来たかもしれないしね。

厚生労働省:みんなのメンタルヘルス

HP:厚生労働省

私たちのように自分や家族が病気になった時に対処できるように備えておきましょう!

まずは、自分や家族がその制度に当てはまるかを調べることから始めましょう!

事前または発症後、会社の制度を確認しておく

いきなり事故や病気で次の日から働けなくなる可能性を考慮して、
自分の勤めている会社にどんな制度があるのかを確認しておくのが重要

次の日から給料がゼロになる可能性もあるので、事前または事故後や発症後に確認しておきましょう!

ゆーさんの会社には…休職制度があったから良かったけど、
ない会社もあるかもしれないから、注意が必要!

1番大事なこと…当面の生活費

ゆーさんがうつ病と診断を受けて、
休職することになったけど、
その時はきちんと貯蓄も蓄えてて、
休職中も基本給は出るって言われていたし、
私も少ない時間だけど、働いていたし、
何とかなったけど…。もし何もない状態だったらと思ったら
怖い

みなさんも少額でも何かあった時のために備えていると思います。

しかし、自分や家族が突然働けなくなった…なんてことになって困り果てることがないように事前の備えが大事です。

じゃあ備えておくためにもどんなことをすればいいの?

貯金とは別の口座を作って毎月貯めていく

これなら…いざという時に活用出来て便利!

まとめ

今回は…パートナーが突然病気になっても困らないようにする事前対策4選を紹介しました。

実際に対策をしておけば良かったな…と感じたことを記事にしてみました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました